借り入れ件数が多いと借りられない現実に直面する

借り入れ件数が多いと借りられない現実に直面する

何件もの利用がある方

カードローンの審査では、現在の借入れ状況も重要視されます。すでに3社以上から借りている場合には、審査に落ちる可能性が高くなります。それでも借りたいのであれば、審査重視で選ばなければいけません。

 

カードローンの申込み自体、信用情報として履歴が残ってしまいます。短期間で複数社への申込みをすれば、審査は益々不利になります。金利などの条件で選ぶよりも、通りそうなカードローンを選ぶべきです。金利については、低い方が審査も厳しい傾向にあります。

 

 

さらに借入れする方法

新しく他社のカードローンに申込むのも1つの方法ですが、すでに3社以上借入れしているならば難しい状況です。それよりも、まずは現在契約しているカードローンで増額できないか相談する方が可能性としては高いです。

 

増額が通れば借入れ限度額が増えます。これで済むならば、新たに借入先が増える手間もありません。増額の良い所は、できなかったとしても特にデメリットがない点です。

 

他社での新規借入れの申込みの場合、その履歴が信用情報として残ってしまいます。しかし、増額の申込み自体は信用情報に記録されません。もしも増額を断られたとしても、信用情報に影響がないので、気軽に申請できます。

 

すでに3社以上借入れしているのであれば、まずはそれぞれの借入先で増額できないかを考えましょう。

 

増額が駄目だった場合

もしも増額が通らなかった場合には、なるべく審査に通りやすいカードローンを選ぶべきです。できれば大手の消費者金融がよいでしょう。金利の低い銀行のカードローンよりも、大手消費者金融の方が、審査通過率が高い傾向にあります。

 

また、消費者金融が駄目だったらクレジット会社のカードローンに申込むなど、審査に通らなければ別の系統のカードローンで試した方がいいでしょう。例えば消費者金融は年収の1/3を超える借入れが不可ですが、銀行は可能です。こういった審査基準の違いが原因で審査に通らなかった可能性があるためです。

 

おまとめや借り換え

増額も新規借入れもできなかった場合の対策として、おまとめローンや借り換えがあります。複数での借入れをしている場合、現在借りている内の1社にまとめるか、他社にすべてまとめると、返済の負担が減ります。金利が低くなったり、毎月の返済額が減ったりするので、それだけ余裕ができます。

 

新たな借入れではありませんが、返済額を減らす方向で、問題が解決する可能性もあります。ただし、おまとめや借り換えの場合、毎月の返済額が減る代わりに、返済総額が増えるケースもあるので注意が必要です。

 

毎月の返済負担を減らしつつ返済総額を減らすおまとめローンの利用を考えるなら、低金利で高限度額のカードローンで一本化ができるオリックス銀行で利用するおまとめローンを考えてみましょう。

 

おまとめローンで損をしないコツ

複数のローンをまとめることにより、特になる、と考えられがちですが、場合によってはおまとめローンにして損をしてしまうパターンがありますので、おまとめローンの注意点についてまとめます。

 

まず、借入先を選ぶ時には、いつかのおまとめローンの商品を比べてみなければいけません。安易に勧められた商品に決めてしまうのではなく、なぜローンを一本かしなければいけないのか、一本かするメリットについて把握しておかなければいけません。

 

おまとめローンを行うときのチェックポイントは、長期的に見て返済金額が少なくなるかどうかです。総額をチェックする時に、金利や返済期間によっては、まとめないで、現状の支払いの方が支払い総額が安くなる場合も多々あるからです。

 

また、おまとめローンの場合、審査に通らければ、もちろん借りることは、できません。

 

自分の借入件数や過去の返済状況によっては、審査に通過する事が出来ませんので、審査基準を把握しておく必要もあります。借入件数が3件を超えた場合には一般的におまとめローンの審査に通ることが難しいと言われてますので、今の借り入れ状態を把握しておくことも大切です。

 

また、どの様なローンでも審査の時に当てはまる事例ですが、キャッシングの返済状況で、遅延や延滞をした事があれば、個人信用情報機関にその内容が登録されていますので、おまとめローンの審査に落ちることが多いです。

 

おまとめローンで、失敗しないためにも、自分の色々な項目チェックが必要です。

 

そもそも借りようとしているところがおまとめローンに対応しているかも重要です。銀行のカードローンの中にはおまとめローンの利用には向かない借り入れ先もあり、低い金利と早い審査が魅力となるカードローンであっても、おまとめに使えないと意味がありません。

 

おまとめ対応の低金利カードローンを探すなら、金利で比較ができるおまとめローン金利の比較を見ておきましょう。

MENU