複数の何が問題か

借り入れ件数が多いと借りられない現実に直面する

複数借り入れの何が問題か

カードローン契約では、複数社での借入れは嫌われます。すでに3社以上から借入れをしている場合、新規での借入れは難しいと言われています。例えば1社から50万円借りている人よりも、3社から10万円ずつ借りている人の方が、審査では不利です。

 

合計の借入額はもちろん審査に影響を与えますが、それ以上に複数での借入れ状況は影響を与えます。

 

複数社で借入れしている状況は、余程お金に困っていると見なされます。3社で借入れしている場合、3社分のカードローンの限度額を使い切っている状態だからこそ、新規借り入れを希望しています。単純に、3回も限度額いっぱいまで借入れをしている状態で、計画的とは言えません。

 

カードの限度額がいっぱいになったら、またカードを増やす、これの繰り返しではいつかは破たんします。

 

また、複数社で借入れ中にも関わらず、新規での申込みをしています。これは、すでに借入れしているカードローンでは、増額を断られている可能性があります。

 

今使っているカードローンをそのまま使うのが一番簡単なので、限度額が足りなければ増額という手段があります。こちらから依頼しなくても、利用頻度が高ければ、カード会社の方からの打診もあり得ます。これが無いという点においても、追加融資が難しい状況なのではと推察されます。

 

余計な借り入れを増やさずに使うのはカードローンの基本となります。特に早い審査ながらも金利が高くなる消費者金融の借り入れにおいては注意が必要です。

 

金利が低く最短即日で利用ができるバンクイックであっても、やはり多くを借りてしまうのは危険と言えるでしょう。

MENU